ドコモiPad mini4が壊れたので交換・売却・解約してiPad Proを購入。掛かった費用を計算してみた

バスを追いかけて転んだ夏

夏のある日、バーベキューの会場に行くためのバスに乗り遅れそうになり、走って追いかけたらすっ転んで、着いた手が血だらけになりました。大人の転倒は位置エネルギーの関係で大事故に繋がることを学びました。

とはいえ、ポケットの中から飛び出したiPhoneは、ケースと分離してゴロゴロ転がっていったものの画面割れは回避しました。

「なんだ別に落としても壊れないじゃん」

「これで壊れないならどんな落とし方すれば壊れるんだよって話だよな」

Appleなんだかんだ神だよな」

そんなことを考えながら、血だるまと化した手にばんそうこうを貼ってバーベキューに向かいました。会場に着き、

ふと鞄を開けると、その中にあったiPadのガラスが粉々になっていました。

まじふざけんなよApple

保険きいてたので交換

手から臭い油を垂れ流しながら修理方法について調べました。

AppleCareに入っていると格安で本体交換サービスが受けられます。
割れたガラスだけでなく、外枠やバッテリーも美品に交換してもらえます。

割った時点で買って半年も経っていなかったため、もう少し本体がヘタってきてから交換しようと思いました。
そして割れたiPad mini4をもう半年使って今に至りました。

そのあいだにスマホを4インチから5.7インチのものに買い替えました。
そしてmini4の使用頻度が若干低下していました。

「いっそ交換したmini4は売却してもっと大きいiPad買えばいいのでは?」

そこから色々調べた結果、iPad Proを買うことにしました。

なので、とりあえず美品のmini4を手に入れるべく、交換申し込みをしました。

ここで、諸々あって受け渡しに失敗しました。
再配達はなく、Appleの契約上は修理中でサスペンドになってしまいました。
再配達申し込みには結局Appleのコールセンターと電話しなければならなくなりました。
それはまた別の話。

それでモタモタしていたらminiシリーズ終了のお知らせのニュースが舞い込んで、こんなことしてる場合じゃないと電話することにしました。

でもシリーズ打ち切りなら型落ちする可能性が無くなるわけで、逆に買いの型になるという見方もありそうな。
とりあえず、エクスプレス交換サービスを申し込んで交換してもらえることになりました。

赤ロムとか白ロムとかアクティベーションとかなんなの?

「分割残ってるけど売れるのか??」

とりあえず交換しましたが、そこで次の問題にぶち当たりました。
端末を手放した後、分割を踏み倒すことが売る側には出来てしまうわけです。

昔中古のスマホを買おうとしたことがあったのですが、白ロム、赤ロムという言葉が結局理解出来ないまま買うのをやめてしまいました。

しかし売る側になってようやく理解できました。
要は、「端末の分割料金(残債)を踏み倒すとその端末がネットワークに繋げなくなる」ようです。

なので、残債つきのスマホを売ろうとする査定が悪くなります。
売った側が残債を払い続けるメリットはないからです。

「じゃあキャリア解約して残債払ってしまおう」

MVNOに乗り換えようと思ったのです。
すでにスマホMVNOにしていたので、その回線にタブレットも乗っけてしまおうと。
とはいえ、違約金も掛かるし、キャリアの割引も残っているし、
それでむしろ損するのではと思い、ちゃんと調べてみることにしました。

結果、なんにせよキャリアは解約してしまった方が安いということが分かりました。

交換品のSIMロックってどうなってるんだっけ?

SIMロック解除は、キャリアを解約してしまうと有料になります。
(この辺はキャリアの契約を確認してみる必要がありますが僕の場合はそうでした)

なので、古い端末のsimロックを解除してから解約して売ろうとしました。
特にauソフトバンクだと主流であるdocomo系の格安simが刺さらないので、査定が悪くなります。

しかし、ここではまりました。
修理に出したらsimロックまた掛かるのではと思いました。

ということで古い端末のSIMロックを解除して、修理に出しました。
ところで、「ネットワーク利用制限」で調べたところ、何故か僕の端末はマルになっていました。
月々3122円の端末代はまだ支払いきってないので三角になるものを想像していたのですが、よくわかりません。

交換品のSIMロックってどうなってるんだっけ、の答えですが、
アクティベーション品が届くようです。

アクティベーションというのは、
どのSIMカードも刺せるが、SIMカードを刺した時点でロックが掛かるというものです。
なので、SIMフリーではないです。
ただし結局未アクティベーションのまま売却したので、確認はしていません。

元々SIMロック端末は全て未アクティベーション品で、キャリアで売られている端末は
そのキャリアでアクティベートされているわけです。

で、その端末のIMEIの「ネットワーク利用制限」を調べると、これはドコモの端末ではないという結果が出ます。

なので、ここの真の正解は、
SIMロック解除済みなのでSIMフリー版が欲しい」という旨をAppleに伝えた方が面倒はないかもしれません。
SIMフリーiPhoneを交換したらSIMフリーでないiPhoneが来た、という例もあるようなので。

修理品が戻ってきた時点で、月を跨ぐ前に、解約しました。

で、結局いくら掛かったか計算

なんかいろんな手続きをいっぺんにやったせいで面倒なことになりました。
結局いくらかかったか、これからいくら払うのかを計算したら以下のようになりました。
もともと残債を清算して二年縛りが切れる月にドコモを解約するつもりだったので、それまでに掛かるお金で計算しました。

交換したiPad mini4をそのまま使い続けた場合、来年の4月までに掛かる金額

修理代(AppleCare+エクスプレス交換) 4400円
ドコモ月額9654 x 12 = 115848円

手元に残るもの
- iPad mini4(画面割れ)
- DoCoMo データSIM 20GB
- DMMモバイル 通話SIM 5GB

計 120248円

今回の交換により来年の4月までに掛かる金額

修理代(AppleCare+エクスプレス交換) 4400円
本体代 65000円
分割残額37464円
解約金10260円
mini4売却 -45000円
SIM追加手数料3000円
新SIM月額使用料 3130 x 12 = 37560円

手元に残るもの
- iPad Pro
- DMMモバイル 通話SIM & データSIM2枚 計10GB

112684円

タダでiPad miniiPad Proに交換できたぞ!!()

まとめ

『違約金はもちろんのこと、残債払ってでも解約した方が安くなる』というのは学びでした。

SIM交換がなければ掛かった額は25000円ですね。
あとApple Pencil、カバー、保護シートで合わせて15000円ほど掛かったので計40000円です。

今度はApple Careには入ってないので、壊さないように大切にしたいと思います。

LT発表30分前、pdfにエクスポートしたスライドが重すぎて詰みかけた話

(時間がないので結論が知りたいという方は最終段落をご覧下さい)

先日LTをやることになりまして、ふんぞり返って前日から作り始めたら、 案の定間に合わず、会が始まるぎりぎりまでスライドを直すことになりました。

続きを読む

EmacsでMastodonを動かしてみた

EmacsMastodonが動くぞ!

これは、情報を単一の企業に独占されない思想のSNSをAlphabet社の支配するブラウザで使用することへの違和感との戦いの記録である・・・

f:id:taumu:20170613010219p:plain

続きを読む